2017年5月5日金曜日

Microsoft Edge build 16188 の変更点(Fall Creators Update向けの機能追加)

 Microsoft Edge build 16188 では、次期リリース(RedStone 3)のための新機能が追加されてきましたね。特に Application Guard は、悪意のあるサイトから PC を保護する革新的な実装なので、期待しています。原文はこちら

新しい Microsoft Edge の機能

PDF の改善
  • PDF フォームの自動入力: Microsoft Edge で開かれた PDFベースのフォームに入力して、それらを保存、印刷する機能を追加しました。
  • PDF 注釈: Web ノートの注釈機能が PDF でも利用可能になりました。ブラウザーの右上にある「Web ノートの作成」ボタンをクリックすると、注釈バーが表示されます。注釈バーの別モードを使うことで、PDF 上のインク、テキストのハイライト、追加した注釈の削除ができます。後で使うために作業内容を PDF ファイルに保存できます。 
Screen capture showing the PDF annotation bar in Edge

  • 目次(Table of Contents):PDFツールバーの左に新しい目次(Table of Contents)ボタンが追加されています。クリックすると、サイドペインにドキュメントのその位置にナビゲートできる目次が表示されます。
Screen capture showing the ToC in Edge
  • 表示とナビゲーションの改善:  可読性の向上のために PDF ドキュメントの回転、1 ページから 2 ページレイアウトへの切り替え、長文ドキュメントでのナビゲーションの改善のためにページごとのスクロールか連続させるかの切り替え
Screen capture showing PDF controls in Edge

Windows Defender Application Guard

  • Windows Defender Application GuardFast Ring の Windows Insider Previews for Enterprise ユーザーに対して、去年の9月に Microsoft Edge Blog で発表した Windows Defender Application Guard for Microsoft Edge の提供を開始した。Microsoft Edge はエンタープライズに提供されている Application Guard によって Windows に対するマルウェアとゼロデイアタックからの最大限の保護をする。Microsoft Edge の WDAG に関するさらなる詳細は Edge Dev Blog に近日中に提供予定である。 
Screen capture showing a WDAG tab in Edge

0 件のコメント:

コメントを投稿