2017年1月28日土曜日

Microsoft Edge Build 15019 の変更点

今回のアップデートは更新に時間がかかりました。Build 15019の変更点はこちらにあります。

新しい Microsoft Edge 機能


  • Microsoft Edge が発声できるように:e-booksを開いた時に 右上表示される「読み上げる(read aloud)」ボタンをクリックするだけで Microsoft Edge は本を読み上げて、対象の行と単語をハイライトします。この機能は  Microsoft Edge で開かれたストアから購入していない EPUB に対しても適用される。
Screen capture showing the location of the Read Aloud button in Edge
フルカラー絵文字: Microsoft Edge は絵文字が使われている Web サイトにおいて、フルカラーで更新された絵文字をデフォルトで表示できます。Screen capture comparing updated color emoji to the older black and white emoji

新しい Web プラットフォーム機能


  • WebRTC 1.0 がデフォルトで有効に
  • 最遅延(Re-deferral)(関数が実行されるまで、事前解析して完全な解析を延期することでメモリを節約する)
  • Chakra JIT がデフォルトで外部プロセスに
  • 試験的JSフラグによる SharedArrayBuffer
  • WebAssembly ブラウザープレビューが提供開始(「試験的な JavaScript 機能を有効にする」フラグで有効化)

変更点



  • Segoe UI シンボルのフォールバックとして Segoe UI Emoji を設定することにより絵文字サポートを改善したため、フォントがmeijiされていないときにもフルカラー絵文字を表示できるようになった
  • 他のブラウザーとの互換性を向上させるため、element.style に文字列を指定できるようになった

既知の問題



  • Microsoft Edge 拡張機能はこのリリースでは機能しません。現在拡張機能を復元中であり、なるべく早いタイミングで修正予定です。
  • Google のサイトを含むいくつかのサイトで「このページに到達できませんでした(We can't reach this page)」と表示されることがあります。これは、 Windows
  •  Insider ビルドでプレビュー中の新しい Token Binding セキュリティモデル の実験実装の問題です。現在修正中ですが、現時点では InPrivate タブでアクセスすることでこの問題を回避できます。
  • F12 ツールは断続的にクラッシュしたり、ハングしたり、入力を受け付けなくなったりします。
  • 要素の検査、ソースの表示オプションは、正しく DOM Explorer とデバッガーを起動できません。

0 件のコメント:

コメントを投稿