2016年3月19日土曜日

Microsoft Edge 14291

Microsoft Edge 14291は大きめのアップデートが多いビルドになりました。

新しい Microsoft Edge の機能

拡張機能

なんと言っても今回の大きなアップデートの目玉は拡張機能の追加です。現在はプレビューなのでいくつかのサンプルが公開されているだけですが、開発者であれば、サイドローディングが可能ですし、正式版がリリースされるときにはストアが公開されるはずです。
現時点では、Chrome 拡張のすべての API の実装が完了しているわけではない。また、Chrome 拡張機能からの移行ツールを開発中とのこと。

タブのピン留め

よく使うサイトをピン留めしておけるようになりました。ピン留めしたサイトは次回起動時にも復元される(ハズだが消えてしまったことがありました)。

▲[タブをピン留めする] をクリックします。▲
▲タブがアイコンだけの表示になります。▲
▲ピンを解除するには、もう一度右クリックして[タブのピン留めを外す]をクリックします。▲

Paste and Go (貼り付けて移動)

クリップボードにリンクをコピーして、アドレスバーを右クリックすると、[Paste and Go] が表示される。これをクリックすると、URL がアドレスバーに貼り付けられて、そのページに遷移する。
▲クリップボードにURLをコピーしてアドレスバーを右クリックすると[Paste and go]が表示されて、貼り付けると同時に遷移できる。▲

新しいモバイル機能

  • Cortanaやメールなど他のアプリからリンクを開いたときに Edge でページが読み込まれない問題を修正
  • 大きな画面でもタブを閉じやすくするためにタブセンターにあるタブの閉じるボタンのサイズを大きくした

新しい Web プラットフォーム機能

いくつかのデバイスでVP9ビデオフォーマットのプレビューサポートした。この機能はデバイスのハードウェアアクセラレーションが対応しているかどうかによって自動的に有効/無効を切り替える。about:flags で設定を変更することも可能。

0 件のコメント:

コメントを投稿