2015年7月30日木曜日

Microsoft Edge で動画が再生できない

Windows 10 の標準ブラウザである Microsoft Edge では、一部の動画コンテンツが再生できないことがあります。これは、動画コンテンツの著作権を保護する DRM が Silverlight で実装されているためですが、Microsoft Edge では、Silverlight がサポートされていません。そのため、動画を再生しようとすると、以下のページが表示されることがあります。
リンク先で Silverlight のインストーラーがダウンロードできますが、実行しても動作は変わりません。

解決方法は、Internet Explorer で開く必要があります。Microsoft Edge の [...] ボタンをクリックして、[Internet Explorer で開く] をクリックします。

これで、IE が起動するので、Silverlight を使って再生することができます。

Silverlight で動画を再生しているサイトには、dTV、WOWOW オンデマンド、UULA、U-NEXT などがあります。

2015年7月26日日曜日

Microsoft Edge、WebDriver サポートを発表

マイクロソフトは、Microsoft Edge で WebDriver をサポートしたことを発表しました。
WebDriver は、テストを自動化するための W3C Web 標準規格です。

これにより、Selenium などを使って、C# や Java から Web ページの操作を自動でテストすることができるようになります。また、WebDriver の相互運用性を向上させるために Borland Silk チームとも協力したと発表に記載されています。(Borland ってまだあったんですね。)

Microsoft WebDriver は、Download Center からダウンロード可能です。Windows Insider のビルド 10240 以降で利用可能です。

2015年7月5日日曜日

Microsoft Edge から localhost にアクセスするには

先日のアップデートで、Project Spartan から Microsoft Edge に変わりましたが、それに伴い localhost にアクセスするためのコマンドが変わります。

CheckNetIsolation LoopbackExempt -a -n=Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe

2015年7月2日木曜日

Microsoft Edge がついに降りてきました!

昨日(2015/07/01) の アップデートでついに Microsoft Edge という名前になり、アイコンも変更されました。
タスクバーに並んでいるアイコンを見ると、思っていたほど違和感はないという印象です。
そして、ウィンドウの設定を見ると、従来の明るいテーマ (白) だけでなく、暗いテーマ (黒) も選択可能になっています。
また上の画像で表示している「about:flags」 もきちんと日本語化されています。ここで、JavaScript の実験的な機能や、asm.js を有効化することができます。
F12 開発者ツールにも同様に「試験的な機能」というタブが追加され、「JavaScript の編集」機能が有効化できるようになっています。

最後に、コマンドから Microsoft Edge を起動するには
start microsoft-edge:http://www.msn.co.jp
のようにコマンド プロンプトから起動することができます。